FC2ブログ
博多英語教習TOEIC受講者実績100名データ どのくらいで結果がでるの?
博多英語教習の最近の100名様の受講データ(点数)をまとめました。
受講に興味がある方は参考にしていただければと思います。
体験レッスン時に詳しくお見せいたします。
☆家で復習を教えた通りにされる方
☆英語が好きな方
☆間違いを恐れない方
以上の方はかなり簡単に点数上げを達成されています。

データには 100人分の 受講日数 上昇点数 最高点数 開始点数 上昇率(点数/月) 目標達成 が集計されています。

博多英語教習 直近100名受講データ(2016年4月作成)

平均受講日数    120日   (博多英語教習に通われるj受講者様の通われる平均日数です。)

平均上昇点数  164.8点  (受講期間中に受講者様が点数をあげられた点数の平均です)

最高点数平均   699.1点  (受講者様が受講によって獲得された最高点数の平均です)

開始点数平均   534.3点  (受講者様が受講前に取られていた点数の平均です)

点数上昇ベスト5  (受講者100名様の中で点数上昇の順位ベスト5
1位  400点(8ヵ月)      330点→730点へUP 
2位  315点(1ヵ月)      385点→700点へUP
3位  310点(12ヵ月)      610点→920点へUP
4位  300点(6ヵ月)       390点→690点へUP
4位  300点(10ヵ月)     530点→830点へUP

点数上昇率ベスト5(上昇点数/月)
1位  323点/月        675点→815点へUP
2位  315点/月        385点→700点へUP
3位  205点/月        400点→605点へUP
4位  200点/月        475点→675点へUP
5位  195点/月        300点→495点へUP

目標達成率   78% (受講者様 目標点数に達成した人の割合)

IMG_1860.jpg

無料体験レッスン予約はこちら!
↓バナーをクリックして新ホームページへ
博多英語教習バナー
スポンサーサイト



TOEICテスト公式問題集新形式問題対応編を解いてみる!(2) 博多英語教習
博多英語教習では、2016年5月テストより導入される新公式問題集のクラスが開始されました。
今回は TOEICテスト公式問題集新形式問題対応編をTOEIC講師である古賀じろーが実際解いてみて感想を書いてみました。
1-200 Part1-Part7まで、目立った問題から順に感想を述べていきたいと思います。

公式6


今回その2回目です。 前回2016年5月からの新テストの100までの感想をだらだらと書かせていただきました。 
今回はPART5すなわち101問からやっていきましょう!

リスニングはPart3が増えたりとか形式が変わったりしていますが、リーディングでも大分変更がかかっています。
まず大きく全体的にリーディングが大変になったところは時間配分がより一層厳しくなったということでしょう。
新傾向問題  Part5 30問 Part6 16問 Part7 54問 から見て分かりますように Part5が10問減少した代わりに、
Part6がプラス4問 とPart7がプラス6問になっております。
 過去形式でも時間が間に合わないと言う声が多い中で大胆にも長文問題が6問も増えています。
以前まではPART5は1問30秒以内でなるべく時間を貯金をしてくださいと教えていたのが通用しなくなってしまいました。

新テストは
Part5 15問を13分以内(1問あたり26秒以内)
Part6 16問を8分以内(1問あたり30秒以内)
Part7  54問を54分以内1問あたり60秒以内)で解かれることをお勧めいたします。

これで何とか間に合います。 

では15問さっそく解いてみました。 
PART5そのものの難易度は以前と変わらないと思います。 以前の問題の最終コーナー131~140の10問が、
単純に無くなったイメージです。
115番 describe A as B  AをBと称する
117番 expand into ~へ進出する
この辺のフレーズ攻めはひっかかりそうです。 
まあ ここは特に大きな変化はありません。 ただ前にも述べましたようにペースアップで!

Part6は大きな変化があります。
4セットに4問が入り合計16問と前より問題が4問増えました。 問題の形式も単純な単語の4択から文を入れ込んだり、
入れ込む場所を選んだりする問題が1セットに1問ある感じです。 この問題によって以前よりももっと状況を掴まないと
問題が解きづらくまぐれ当たりが少なくなったと思います。
個人的には139番-142番の電車の案内の140番が難しいと思います。
そして、
PART6の終わりまで、ここまでをなんとか21分程度で終らせないと間に合わない確立大になります。
そうです! 前のテスト形式より長文が増えた分ペースがきつくなりました。

Part7 に入ります。 みなさんの大嫌いなarticleの問題155番の新発売のシリアルの問題がかなり読みにくいです。 
焦らず冷静に内容を把握することが大切です。

あと161番のオンラインチャットの問題の161番かなり引っかけてると思います。
161 What kind of business does the client most likely own?
客が所有していると思われるビジネスは何? この質問 引っかかる可能性大ですね。

私がPart7で一番難しいと思ったのが172番です。 出版社と著者の再契約の問題の状況が短時間で取りにくい。
状況が取れなければ不正解が増えることでしょう。

この後、正直最後の問題の200までは大きく難しい問題は無いと思います。 
186番からくるトリプルパッセージはそこまで文字数が増えてないような気がしますし、その前の問題の方が
難易度が高いと思います。

以上新しい問題集の感想でした。 

まとめると、そうですね・・・ 前よりも時間管理が大変になりますね。 
偏差値制なのでみんなが慣れてない内に平常心で解いていけば高得点が狙えるのではないでしょうか?

最後はしっかり宣伝しますが、体験レッスンはこちらにお越しください
無料体験レッスン予約はこちら!
↓バナーをクリックして新ホームページへ
博多英語教習バナー


プロフィール

博多英語教習

Author:博多英語教習
博多英語教習へようこそ!
博多英語教習は福岡市 博多天神の皆様に 英語 英会話 TOEIC TOEFL 短期上げ 演劇アドリブ英会話 ケンカの出来る英会話 オリジナル指導法で指導しております。   



最近のトラックバック


月別アーカイブ



博多英語教習ホームページ

博多英語教習 福岡市 博多 天神 英語 英会話 TOEIC TOEFL 短期上げ 演劇アドリブ英会話 ケンカの出来る英会話 オリジナル指導法 

博多英語教習バナー

博多英語勉強教習ホームページはココから



占い


FC2カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索



SEO対策:英会話 SEO対策:英語 SEO対策:福岡市 SEO対策:城南区